睡眠負債を返済したい人必見! 快眠できる寝具選び7カ条

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日常のわずかな睡眠不足が借金のように雪だるま式に積み重なる「睡眠負債」
睡眠負債を返済するには、十分な睡眠時間を確保することはもちろん、良質な寝具を使うことも大切。

自分にとって最適な寝具を使用していないと、寝心地が気になって眠れないということもあります。

今回は快眠をサポートしてくれる寝具を選ぶ条件7カ条について解説します。

1. 個人によって最適な寝具は異なる

暑がり・寒がり、仰向き寝・横向き寝、性差、基礎代謝量の違いなど、その人が持っている体質や寝相によって大きく異なります。
そのため、一人一人の寝る時のストレスの負荷率や睡眠負債の蓄積が違ってきます。

上質な睡眠を得るためには、自分に合った寝具を選ぶことが肝心。
いくら購入サイトのレビューで評判が良かったとしても、それが必ずしもご自身に合っているという保証はありません。
ご自身の体格や体質、寝る癖等に合わせた掛布団、敷布団、マットレス、枕をバランス良く組み合わせていく必要があります。

2. 第1条:身体に負担のかからない寝具を選ぶ

本来人間の身体には睡眠を送るためのメカニズムが備わっています。
疲労が蓄積されたり、夜になった時など、人間は脳や身体を休息させるために睡眠をとらなければなりません。

しかしながら、寝室の暑さや寒さ、肩こりや腰痛などさまざまなストレスによって眠りが妨げられることがあります。

寝具を選ぶ際には、睡眠環境から受けるストレスを軽減し、快適に過ごせる寝具を選ばなければなりません。

もちろん、寝室や日常生活における精神的・肉体的なストレスなど、寝具以外の要因も睡眠を妨げことにつながります。
睡眠の質を上げるためにも、日常の環境や生活リズムなどの見直しを適宜行っていきましょう。

3. 第2条:温湿度環境をコントロールしてくれるものを選ぶ

快眠しやすい睡眠環境を手に入れるためには、適切な温湿度環境を整えてくれる寝具を使用しましょう。
夏と冬は特に寝床内の温湿度が不適切になりやすく、良質な睡眠を確保しづらい季節。
寝床内気候を快適に保つためには、温度と湿度をコントロールすることが大切です。

夏であればパイプ素材の枕や、麻もしくは綿素材を使用したパジャマのような通気性や吸湿性に優れた寝具を選ぶといいでしょう。

また冬の場合は、掛け布団には羽毛布団を使用したり、敷き布団の上に羽毛パッドを敷くなど保温効果を高める必要があります。

4. 第3条:寝具に使用されている素材にこだわる

良質な睡眠をサポートしてくれる寝具を選ぶ際は、使用されている素材の機能にも注目しましょう。

マットレスなら、体温を外部へ逃がしてくれる素材を使用していること。
掛け布団であれば、身体に負担をかけない軽い素材であることが大事です。
綿素材などであれば吸湿性に優れており、なおかつ肌ざわりも優しいです。

枕の場合は、弾力性があって寝返りをうちやすい、高反発枕やポリエステルわた枕などがおすすめ。

また吸湿性通気性についても注目しておきましょう。
汗や体温を布団の外に逃がすことで、快適な寝心地をもたらしてくれます。

暑い時期であれば、サラっとした肌ざわりで、なおかつひんやりした麻素材のものを使用するといいでしょう。

5. 第4条:マットレスを選ぶコツは弾力性

「マットレスを買い替えたいけど、どれを選べばいいのかわからない」という方は多いのではないでしょうか。

注目すべきポイントは「弾力性」。
体重をかけた際に適度な反発があれば、正しい寝姿勢を保ち、身体への負担をかけずに眠ることができます。

マットレスを選ぶときは、とにかく試してみること。
インターネットの口コミだけではなく、ご自身で店頭に足を運んで、触って弾力を確かめたり、実際に寝て寝心地を確かめたりすることも必要です。

5-1. 全体の弾力性

手で強く押さえた際、マットレス全体に弾力性があることはとても大切。
押さえたところだけが沈み込んでしまったりするものは好ましくありません。

これはマットレス内の詰物の量が少なかったり、比重の軽いウレタンを1枚スプリングの上に載せただけであるなど、弾力性が乏しいためです。

5-2. 寝姿勢の心地よさ

店頭にて使用感を確認する際には、仰向けで寝たときの姿勢をチェックしましょう。
この時、仰向けの寝姿勢が心地よいと感じたものが自分にとって最適なマットレスになります。

仰向けになった時、腰とマットとの間に2〜3cm程度の空間ができるS字型の寝姿勢になるのが理想。
背中や腰が沈み込みすぎないかどうか、マットレスが体に密着しすぎないか、体に余計な力が入っていないか、など確認しましょう。

5-3. 寝返りのしやすさ

次は実際に寝返りを打ってみます。
睡眠中にスムーズに寝返りができないと、血流が悪くなったり、体温調節がうまくできなくなってしまったりする原因に。

寝返りのしやすいマットレスを選ぶことはとても大事。
寝返りをするときに余計な筋力を使わずにスムーズにできるかどうかチェックしておきましょう。

5-4. 通気口(通気孔)の有無

マットレスは長く使用する寝具。
内部に蓄積された湿気を外へ出し、1年間を通して気持ちよく眠れるようにするには通気口がついているものがおすすめ。

もし通気口が付いていない商品であれば、側生地・サイドの側生地が特殊な生地(メッシュ生地)を使用していることも選択肢に入れてみてもいいでしょう。

5-5. 不快な揺れの有無

不快な揺れがないかどうかもチェックしましょう。
横揺れがひどい場合ですと、睡眠が妨げられてしまうことがあります。
揺れがあまりにひどい場合、そのマットレスの購入は避けるのが無難です。

6. 第5条:掛け布団は軽さを重視する

寝心地の良さを追求する上では掛け布団選びも大切。
まずは掛け布団の軽さに注目してみましょう。

6-1. 本体の軽さ

掛け布団は、なるべく軽いほうが良いのです。

重い掛け布団を使用していると、寝ている時に重みがかかり、血流が低下して身体に負担がかかります。
布団の重みからくる圧迫感で眠りが浅くなりますし、うっ血したような感覚になり身体のめぐりが悪くなることも。
疲れが取れないばかりか、寝て起きたのに体調が優れず気分が悪い…といった悩みに苛まれる可能性も否定できません。

特に羽毛布団は軽さに関して定評があります。

6-2. 吸湿性があること

掛け布団を選ぶ際には、寝心地が良いことも重要。
寝心地の良さを大きく左右しているのが吸湿性放湿性です。

季節を問わず、人は睡眠中にはコップ1杯分くらいの汗をかきます。
そして掛け布団には汗をしっかり吸収してくれる役割があります。

汗をしっかり布団が吸収してくれないと、布団の中が蒸れてしまい、寝心地が悪くなる原因に。

ですので、快眠を送るためには吸湿性に注目しましょう。

また吸湿性がよいだけではなく、放湿性も大事です。
水分を吸ってばかりで放湿できないと、いくら吸湿性の良い掛け布団でも汗を吸えなくなってきます。

素材でいえば、羽毛や綿が吸湿性・放湿性に優れています。

6-3. 保温性の高さ

掛け布団選びで着目しておきたいのが保温性の高さ。
素材でいえば、羽毛や綿が吸湿性に優れています。

私たちの身体は、睡眠中に深部体温(体の中心部分の温度)が低下します。
深部体温を防ぐには、手足まで温かくしておかないといけません。

身体からなるべく熱を逃さなためにも、保温性の高い掛け布団を選びましょう。

7. 第6条:枕は高反発なものを選ぶ

機能、素材、形、見た目、高さ、硬さなど、枕を選ぶポイントはたくさんあります。
まずは高反発なものに注目してみましょう。

7-1. 高反発がおすすめな理由

高反発の強みは、しっかりと頭と首を支えてくれること。

低反発枕の場合、優しく包み込んでくれるような柔らかさが特徴。
一方、高反発枕は首・後頭部に柔らかくフィットしつつ、しっかりと頭部全体を支えてくれます。

そのため、低反発枕から高反発枕に切り替えたら首や肩が楽になったということもあるです。

7-2. 最適な素材

枕にはさまざまな素材のものがあります。
特に人気があるのは、低反発ウレタン高反発ファイバーパイプの3種類。

低反発ウレタンは、ゆっくり沈んで頭部にフィットするやわらかい素材。
横になった時や寝入り時に快適なため人気があります。
しっかり沈むため寝返りを打ちにくいというデメリットがありますが、体圧分散には優れています。

高反発ファイバーファイバーは、ポリエチレンの細い繊維を編んで作られており、しっかり頭をささえてくれる高反発素材。
洗える製品も多いため、清潔に使えるというメリットもあります。

パイプは、ストローを輪切りにしたような形をしているプラスチックの素材。
通気性があり、洗えるという点でも人気があります。形を調整できるので、自分の好みの形にして使うことができます。

7-3. 枕の高さ

枕が高すぎると首が痛くなる、肩がこる、いびきをかくといった症状が引き起こされるとされています。
反対に、低すぎると血液が頭に集まるため、頭痛や肩こりの原因に。

肩口から頭が10~15度に傾斜、また顔が5度前後傾斜している状態が理想的な高さです。

ちょうど良い高さのものをなかなか見つけられない方には、自分の好みの高さに自由に変えられる製品を選ぶといいでしょう。

7-4. 枕の硬さ

柔らかくて沈む枕は寝返りを打ちにくいため寝苦しくなります。
逆に硬すぎても体圧が一点に集中するので疲れやすくなってしまいます。

頭や首にフィットして体圧を分散し、かつ、沈み込みすぎず頭をしっかり支えてくれる硬さのものを使用しましょう。

7-5. 寝返りのしやすさ

寝返りがしやすいことは、快眠を送る上でとても大切。

椅子に座っているとき、どんなに座り心地の良い椅子でも30分間同じ姿勢でいることが困難なように、寝ている時でも姿勢を変えないと疲れてしまいます。

店頭で枕の使い心地が体験できるのであれば、枕の上に頭を置いて、頭を左右に動かしたりしながら寝返りがしやすいか確認してみましょう。
もし寝返りができない場合、首や肩の疲労が蓄積しやすくなります。

8. 第7条:パジャマは肌触りの良さで選ぶ

最適なパジャマの選び方を紹介。
パジャマ選びで最初に注目したいのが肌触りの良さです。

8-1. 肌触りの良さ

ゴワゴワしたり、ザラついた衣類が肌に接触すると、僅かながらも交感神経が緊張します。
滑らか、あるいは柔らかい肌ざわりものなど、自分が着心地が良いと感じるものを着用しましょう。

8-2. 吸湿性・通気性の良さ

快眠を送るには、着ているパジャマの吸湿性通気性はとても重要。

人は寝ている時、体温を下げる目的で深い眠りに就こうとします。
そして、体温を下げるために汗をかくのです。
成人ですと、寝ている間にコップおよそ1杯~1.5杯もの汗をかくとされています。

気温や湿度が高い夏場になると、汗で濡れたままのパジャマを着ていると蒸れて体に張りついてしまい、その不快感が安眠の妨げに。
さらに汗の水分が冷えることによって、体温が奪われていき風邪をひくこともあるのです。

ですからパジャマには、吸湿性・通気性が求められるのです。
特にシルク綿など、天然素材のものは吸湿性に優れています。

9. 睡眠負債の返済をお助け! おすすめの寝具15選

先ほどまで寝具の選び方を解説しましたが、ここでは睡眠負債の解消に役立つ寝具をジャンル別に紹介します。

9-1. マットレス編

9-1-1. オクタスプリング

出典:公式サイト

スプリング形状による通気性の良さと、ウレタンフォームの優しいサポート力を同時に実現した、全く新しいマットレス。
低反発と高反発を両立させた構造により、どんな体勢をとっていても身体にしっかりフィットしてくれます。
実際に利用者からは、「寝心地が非常に良く、しっかり熟睡できた」との声が多数寄せられています。

またイタリアにある5つ星ホテル「アルピナホテル」の全室に採用されているなど、その品質は世界からも高く評価されています。

口コミ・評判

『オクタスプリング』に体を横たえることで、心地良いけれど、柔らかすぎず、しっかり体を支えてくれます。表面はふんわりしているけれど、腰の部分はしっかり支えられているんです。通気性が良くて、いつでも表面がサラサラしているのも気持ち良いですね。おかげで毎日熟睡できて、目覚めも爽快。腰のために固いマットレスでガマンしているすべての人に、オススメしたいです。

『オクタスプリング』にいちばん惹かれたのは通気性の良さです。汗かきなので、寝返りをうつたびに湿気を排出してくれる点が非常にすばらしいですね。いつも表面がサラリとしているので、気持ち良く床に着くことができます。もちろんふかふかの寝心地や適度な弾力性も、かつてないほど快適です。

出典:公式サイト

9-1-2. 東京西川 [エアーSI] マットレス

出典:Amazon

凹凸のある特殊なウレタンを使用したマットレス。
凹凸の先端部分で身体を支え、体重を分散することで身体へかかる負荷を防止。
重みで沈み込みやすい腰回りもマットレス全体で支えることで、寝返りも打ちやすくなっています。

ウレタン素材を多数設けることで通気性の悪さを解消しており、湿気に強く劣化しにくいので1年中快適に使用できます。

口コミ・評判

今までの布団と寝心地違いすぎて気持ちいです。
難点は、布団の中にいる時間が増えました・・・
半年使ってもさほど寝心地変わってないです。
価格と寝心地、品質で考えると価格が高いので考えてしまいますが、10%ポイントもらえるので試す価値は有る価格だと思います。

使用して半年がたちました。
冬場、上から毛布と布団をかけるだけで過ごしておりますが、とくにマットレス側からの冷気を感じることはありません。
なのに汗っかきの旦那の汗も閉じ込めることなく空気が入れ替わっているようで、汗の臭いがこもりません。
もちろん腰や肩への負担などもありません。
とても気にいりました。

9-1-3. エアウィーヴ スマートZ

出典:楽天市場

浅田真央さんやテニスの錦織圭選手など、数多くのアスリートを中心に人気があるマットレス。
200以上の人の睡眠をモニターし、何度も繰り返し硬さや厚みなどの調整を行われた末に完成されました。

最大の特徴は独自のエアウィーヴ素材。
この素材は、エアファイバーが3次元状に絡み合ったもので、体重を押し返す力が強いというメリットがあります。
そのため、マットレスパッドが体の動きにスムーズに反応して、楽に寝返りをうつことができます。

また通気性が良く、水洗いもできることも魅力。

口コミ・評判

不眠と腰痛に悩む息子の為に購入しました
社会人になって一人暮らしを始め、学生時代から腰痛に悩んでいたので、高反発マットも、店頭でお勧めの物を購入していたのですが、不眠にもなって通院を始めたとの連絡に、あわてて此方を購入しました。
真央ちゃんのファンで以前から商品名は知っていたのですが、お値段の事もあり、半額程度のもので済ませていました。使い心地はすごく良く寝やすいそうです。睡眠導入剤もイマイチだったのが、かなり改善されたそうです。

噂どおりで寝返りに負担もなく身体も痛くありません。初めての日は首が痛くなってしまってビックリしましたが、説明書に体に馴染むのに時間がかかるとかいてあって、本当にすぐに馴染んで今は最高です。失敗したのは重さと値段からシングルにしたこと。今までセミダブルだったので狭すぎ。もう一枚欲しいくらいです。

出典:楽天市場

9-2. 掛け布団編

9-2-1. 掛け布団 シングル シンサレート ウルトラ150

出典:楽天市場

ウィンタースポーツウェアにも使用されている断熱素材「シンサレート」を使用した掛け布団。
同じ厚みの綿やポリエステルと比べて、1.5~2倍もの保温機能があります。

シンサレートを肌に当た部分に使用しているため、保温性はとても高いです。
睡眠時に寝返りをしても、空気を逃すことなく、快適な睡眠環境を実感していただけます。

口コミ・評判

シンサレート初体験です。ネットで情報を集めて、シンサレートと羽毛を比較して、コスパが良さそうで扱いもラクそうなのでこちらに決めました。
結果、軽くて羽毛より薄いのに暖かいです。
重い毛布をかけるより全然よい!
羽毛のように、空気の呼吸?がないらしいのですが、冬だけ使うようにすれば大丈夫です!

9-2-2. 東京西川 羽毛肌掛け布団

出典:楽天市場

東京西川の洗える羽毛布団。
ダウン50%の肌掛けタイプは暑さ寒さを自在に調節できて季節を問わず使用できます。

羽毛はサニタイズ加工・衛生加工がされており、カビやバクテリアの発生を防ぎますので、いつでも快適です。

口コミ・評判

羽毛の肌掛けは初めてです。
薄いけど、温かくて、この時期には良いです。
もしかしたら、秋まで重宝するかも・・・と思います。
良い買い物だったと思います。
シングルロングなので大きな旦那にも良いです。
ぐっすり眠っています(笑)

9-2-3. アイリスオーヤマ 掛け布団 シングル ベージュ FPRK-S

出典:Amazon

ふんわりとしていて温かい、洗える掛け布団。
本体は軽いながらも、ボリュームがあり、保温性に優れています。

太くて丈夫なポリエステル繊維を使用しているため、ほこりの原因となる綿切れが少なく、アレルギーをお持ちの方にもおすすめです。

口コミ・評判

羽毛布団に比べれば重さを感じますが、このぐらいの重さの方が
安定してるし、かけてる安心感を感じます。
寝相が悪いので、羽毛布団だとふっとんでいってしまって明け方に寒い思いを
していましたが、この布団ではそんなことなく、朝まで暖かく眠れます。

出典:Amazon

9-3. 枕編

9-3-1. オーダーメイドマイ枕

出典:公式サイト

一人一人の体形や寝相に合わせた、完全オーダーメイド枕。
自分に合うものを長く使えるように、洗濯もでき、メンテナンスも無料で何度でも利用できます。

予約不要で、最短1時間ほどで自分だけのオリジナル枕を手に入れることができます。

9-3-2. エアウィーヴピロー スタンダード

出典:Amazon

マットレスに定評があるエアウィーヴの設計思想を反映した枕。
復元性と通気性に優れ、蒸れにくく、快眠をサポート。

中に入っている2枚のシートコアを抜き差ししていただければ、高さを自由に調整できます。

口コミ・評判

蒸れないし、高さ調整出来るところもいいです。
最初首が疲れましたが、高さ調整ができるシート状の中身を取ったら、とても快適な枕になりました。
真ん中が凹んでいて、横向きや寝返りもしやすいです。
固さも気に入ってます。

枕に頭を乗せた時に、シャリというか、ガサガサというか…独特の音がしますが、私は気になりません。

出典:Amazon

9-4. パジャマ編

9-4-1. ワコール「睡眠科学」

出典:楽天市場

上品な光沢とソフトでしなやかな風合いが人気のパジャマ。
吸湿・吸汗性にも優れているので、汗をかいてもベタつかず、サラっとした着心地なので一年中快適に着用していただけます。

シンプルなデザインかつ、上質な素材感があってとてもお洒落です。

口コミ

シルクが肌に良いと聞いて期待してます。
肌触りがとても良くて気持ちいいです。

出典:楽天市場

9-4-2. オーガニックコットン天竺ニットパジャマ

出典:Amazon

優しい肌触りで定評のある、オーガニックコットンのパジャマ。
肌刺激が少なくお肌の敏感な方でも安心して着用していただけます。

軽量の生地はしっとりと柔らかく、薄手でしなやかな。
着ている感覚があまりなく、肌へのストレスを感じにくいのが魅力。

口コミ・評判

30代女性です。20代は素材の良さにこだわらなかったけど、ここ最近は、綿素材以外はチクチク不快でした。元々の不眠が、質の悪いパジャマでさらに悪化してる気がして、試しに買ったら正解☆心地よいパジャマっていいもんですよ♪ちなみに、サイズ表を参考に買うと、ゆったりめです。

出典:Amazon

10. まとめ

睡眠負債の返済をサポートしてくれる寝具選びの方法を解説しました。

自分に合った寝具を選ぶ場合は、インターネットの口コミはもちろん、自分で使用感を試してみることも必要です。
心地良い眠りを送るために、ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

カテゴリー