夏の睡眠を快適にするには?冷房の使い方や寝具を見直そう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏になると気温が高くなり、熱帯夜の影響で快適な睡眠を得られないことが多くなりますよね。クーラーの温度を低く設定したり、布団をかけずに寝てしまう方もいるでしょう。それによって寝るときは気持ちよく眠れても、起きてみると体調が悪い…なんて経験、ありませんか?体調を崩さず快眠を得るために、冷房の適切な使い方とおすすめの寝具について解説していきます。

1. 寝苦しい夏に欠かせないクーラー。冷やし過ぎは良くない

夏でも快適な睡眠をとるために、クーラーは欠かせないものです。涼しいと感じるくらい設定温度を下げると、気持ちよく眠りにつけると思います。

ですが、起きてから寒さやだるさを覚えたり、風邪をひいてしまうこともあるでしょう。

また、室温を下げ過ぎてしまって眠れなくなることもあります。

人は体の中心部の体温を下げることでゆっくりと眠りについていくのですが、室温が低すぎる場合、血管が収縮してしまって体内の熱を放熱できなくなってしまいます。

暑くても体温がうまく下げられないので入眠に時間がかかります。

クーラーの設定温度を何度にすることで、気持ちよく眠れるのでしょうか。

1-1. クーラーの最適な設定温度は?

・温度について

人が気持ちよく眠れる温度は33℃、ちなみに湿度は50~60%と言われています。

布団の中の温度を33℃前後にするために、クーラーは28℃前後に設定しておくのが最適です。

24℃前後に設定すると冷やし過ぎてしまうかもしれません。

ただ、28℃前後だと暑い、と思う方もいますよね。その場合、寝る1時間前くらいに24℃前後で部屋の壁を十分に冷やしてから、寝る前に28℃まで設定温度を上げましょう。

入眠によって体温が低下するので、24℃前後の設定のまま眠ってしまうと体が冷えすぎてしまいます。

・湿度について

人は眠るときに体温を下げるために、汗をかきます。その気化熱で熱を放出し、眠りにつきます

しかし、湿度が高いと汗をかいてもその汗が乾かず、気化熱が発生しません。

体温が下がらないうえに、汗によるべたつきで不快感を覚え、眠れなくなってしまいます。

除湿機能などで湿度のコントロールが出来るクーラーを使用しているなら、湿度を50~60%まで下げましょう。

また、タイマー機能を活用するのもおすすめです。部屋を冷やし、湿度をコントロールして、入眠しやすい環境を作ります。

切るタイマーを3時間程度に設定しておくと、入眠直後の深い眠りが阻害されることなく、安定したノンレム睡眠を得られます。

起床直後の汗を不快に感じる方は、起床時間に合わせてエアコンを起動させるタイマーを入れておくと良いです。

寝ている間ずっとクーラーを起動させているのは良くないと言われていますが、気温の高い地域では効果的です。特に、夜になっても気温が下がらない地域などは、夜中にクーラーが切れてしまうと暑さで目を覚ましてしまいます。

夜間に気温が下がる地域でしたら、タイマー機能を活用すると良いです。

1-2. クーラーを使いすぎると体に良くない

クーラーを使いすぎると、室外と室内の気温差の原因で体調を崩してしまいます。過度なクーラーの使用は、自律神経の乱れや、血行不良・腰痛の原因にもなっているんです。

部屋を涼しくしてくれ、快適に過ごせるようにしてくれるクーラーがなぜ体調を崩す原因になるのでしょうか。

自律神経や血行不良・腰痛の原因となる理由について、お話しします。

・自律神経が乱れる

自律神経には運動時などに活発になる「交感神経」と、リラックスしているときやゆったりしているときに働く「副交感神経」があります。

交感神経と副交感神経は常にバランスを取り合っているのですが、気圧や気温の影響で、そのバランスが崩れてしまうことがあるんです。

自律神経はホルモン分泌調整の機能や、血管の収縮や血液の流れ胃腸の働きにも関係しています。

ホルモンバランスの乱れによって、頭痛や生理不順が引き起こされることもあります。

また、消化機能が低下すると、下痢や便秘になってしまうこともあるでしょう。暑いからといって冷たい飲み物を飲んだりすることで、胃液が薄められ、下痢や便秘になってしまう可能性が高まります。

新陳代謝の低下によって、疲労物質が溜まり、疲れやだるさを感じやすくなります。

・血行不良や腰痛等の原因に

自律神経の乱れは、血行の乱れにも関係しています。

副交感神経が活発に働くことで、血管が拡張され、体内の熱が放出されます。しかし、エアコンで体が冷えると交感神経が血管を収縮させて体温を逃がさないようにします。

そのため、血流が悪化してしまうんです。

血行不良になると老廃物がうまく排出されなくなり、体がむくんでしまうことも。血液が十分に行きわたらなくなり、筋肉も冷え、肩こりや腰痛が引き起こされることもあります。

もともと持病として、肩こりや腰痛に悩まされている人は、クーラーの冷えでそれが悪化してしまうので注意が必要です。

他にも、クーラーの冷えによって、イライラや不眠、肌荒れ、めまいが引き起こされることもあります。

クーラーのかけすぎに気を付けることはもちろんですが、気を付けていてもそういった症状があらわれてしまうことがありますよね。

そんなとき、どう対処すれば良いのか、対処法をいくつかご紹介します。

2. クーラーのかけすぎによるクーラー病の対処法

クーラーのかけすぎによって引き起こされる自律神経の乱れや、血行不良、腰痛・肩こりなどをクーラー病と呼ぶことがあります。

暑さ対策としてクーラーをかけすぎてしまい、クーラー病になってしまった場合の対処法2つについて、説明します。

2-1. 汗をかく

体が冷えると、汗腺の反応が鈍くなります。そのため、暑いところにいるにもかかわらず、汗が出にくくなり、老廃物の代謝が滞ってしまいます。

ですので、汗をかくことが重要になってくるんです。

夏は暑いので、シャワーで済ませてしまう方も多いと思いますが、シャワーだけでは、血管を拡張して体を温めてくれる作用を期待できません。

38度程度のぬるま湯に、30分前後つかるのがおすすめです。入浴が難しい場合は、足湯にすると良いでしょう。

また、長時間座ったまま作業するのは避け、休憩をとったり、ストレッチを行うなど、体を動かしてください。少しでも動くことで血行を促すことができます。

ウォーキングのように軽く汗をかくような運動を毎日行うことも、クーラー病の予防になります。

ただ、熱中症になるおそれがあるので、朝や夕方などの涼しい時間帯に行うと良いです。

発汗は体温調節に重要な役割を果たしてくれるため、汗をかくようにしましょう。

2-2. 1日3食をきちんと摂る

暑くなると食欲が減退したり、朝ご飯を抜いてしまう人もいますよね。ですが、クーラー病の症状を改善するために1日3食をしっかりと食べることが大切になってきます。

バランスの良い食事を心がけることはもちろん、体を温める食べ物や、暖かい飲み物を飲むと良いです。

それに加えて、肉類や魚介類を多めに摂取するのもおすすめです。タンパク質は糖質や炭水化物に比べ、熱を作り出す働きが多いです。十分にたんぱく質を摂取することで、体温が上がりやすくなります。

根菜や乾物には体を温める作用がありますが、なすやきゅうり、トマトといった、夏が旬の野菜は体を冷やしてしまうので、加熱して食べた方が良いです。

とくに、ビタミンEには血行を良くする作用があるので、かぼちゃ、ゴマ、ナッツ、モロヘイヤなど、ビタミンEを含んでいる食品も普段の食事に取り入れましょう。

夜遅くまで食事をしてしまうと生活リズムが乱れてしまい、自律神経のバランスも悪くなってしまいますから、規則正しい生活を心掛けてください。

汗をかくことやバランスの良い食事をして、クーラー病の悩みを解消しましょう。また、クーラーの設定温度にも気を付けてください。

クーラー以外にも、体調を崩す原因となってしまうことがあります。それは、寝具です。

夏になると布団をかけないで寝る人もいると思いますが、布団をかけないことが風邪を引いたり体を冷やしてしまう原因になりかねません。

夏の気候にあった寝具を使うことが好ましいのですが、寝具にも色々種類があるので、どれが適切なものであるか分からない方もいますよね。

夏にはどんな寝具が良いのか、お教えします。

3. 寝苦しい熱帯夜には通気性の良い寝具と肌掛け布団を

夏になると、どうしても寝苦しくて布団を取り去ってしまいがちです。暑い夏に適した寝具として、冷たい触り心地の「接触冷感素材」の寝具が売られていたり、タオルケットや薄手の毛布も人気だったりしますが、それよりもおすすめできる寝具があるんです!

3-1. 接触冷感よりも「麻」がおすすめ!

接触冷感の素材には、レーヨンやキュプラ、ポリエステルといった天然繊維から作られている化学繊維で、熱伝導性が高い点が特徴です。

熱伝導性が高いと熱が移動しすく、皮膚の熱が温度の低い方へ奪われていきます。接触冷感素材の寝具が冷たく感じるのはこのためです。

冷たい寝心地を得られる寝具なら、夏にふさわしいのではとも思われますが、この接触冷感素材の場合、湿度が溜まってしまう可能性が高いのです。

湿度が溜まり、汗が乾かなくなってしまうと睡眠の質は悪くなります。

そのため接触冷感素材のものよりも、天然素材である「麻」をおすすめします。

麻は吸湿性や発散性に優れているので、暑い夏にはぴったりです。

また、麻の中で最も肌触りが良く、通気性にも優れているリネン(亜麻)素材の寝具を使うのも良いでしょう。

コットンに比べて4倍もの通気性があるといわれているリネンは、湿気を外に逃がしてくれます。

布団の中に湿気が溜まって寝苦しさを感じているようでしたら、麻やリネンといった、通気性に優れた素材のシーツを使うのが良いです。

3-2. 布団は羽毛の肌掛け布団が良い!

夏の掛け布団は、タオルケットや毛布を使う方が多いですが、タオルケットや毛布は寝返りをするたび身体にまとわりついてきます。寝ている間に熱もこもりやすいので、暑さを感じて、夜中に目が覚めてしまうかもしれません。

熱帯夜の掛け布団でおすすめしたいのが、羽毛の肌掛け布団です。羽毛布団というと、冬に使用する暖かい布団のイメージが強いですよね。

ですが、羽毛の肌掛布団は夏用に羽毛の量が調整されており、保温性・吸湿性・放湿性にも優れています。

適度な保温もしてくれるので、体が冷えすぎてしまうこともありません。

薄くて軽いので使い心地も良いです。

羽毛の肌掛布団といっても様々な商品があるので、どれにすれば良いか悩んでしまうと思います。おすすめの羽毛肌掛け布団を3つご紹介するので、参考にしてみてください。

4. 夏に最適な肌掛け布団のおすすめをご紹介!

ご紹介したい羽毛の肌掛け布団は、こちらの3点です。

・プレミアムマザーグース肌掛け羽毛布団
・西川 羽毛布団シングル
・洗える羽毛肌掛け布団ホワイトマザーグース

早速、それぞれのおすすめポイントについて語っていきます!

4-1. 「プレミアムマザーグース肌掛け羽毛布団」

高い弾力性と保温性に優れた最高級の羽毛、プレミアムマザーグースダウンを詰めて作られている肌掛け布団です。
もちろん、吸湿性と発散性もバツグン。触り心地は滑らかで、暑い夏でも気持ちよく眠れそうです。
7日以内なら返品もできるので、試しに使ってみるのもアリでしょう。

 

出典:【楽天市場】日本製ポーランド産プレミアムマザーグース肌掛け羽毛布団

4-2. 「西川 羽毛布団シングル」

こちらの肌掛け布団は、保温性、圧縮回復性に優れていて、すたれにくいのが特徴です。

綿65%の生地が使われていて、程よい柔らかさと吸湿性があります。

 

出典:【楽天市場】西川羽毛布団シングル

4-3. 「洗える羽毛肌掛け布団ホワイトマザーグース」

こちらの商品は、抗菌防臭加工が施されています。花粉やダニ、カビなどに効果的なのは嬉しいですよね。
吸湿性、放湿性ともに優れていて、布団の中が蒸れにくく、洗うことが出来るのも便利です。

 

出典:【楽天市場】日本製 洗える羽毛肌掛布団ホワイトマザーグースダウン

いかがでしたか?クーラーの使い方や寝具を見直すことで、暑い夏でも快眠ができるんです。
体調を崩さないよう、部屋や体を冷やし過ぎないように気を付けてください。
適度に汗をかき、バランスの良い食事を摂り、快適な睡眠を手に入れましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

カテゴリー